動物を飼っている人がいるマンションでも実はペットは飼ってはいけない規則になっている場合があります。引越す際は、ルールや環境など自分の目でよく確認するようにしましょう。

失敗なし!住みたいエリアから探すマンション

失敗なし!住みたいエリアから探すマンション

集合住宅で動物を買う

動物が好きな人にとってペットは大切な家族の一員ですね。
飼い主が引越しする際、極端に住環境が変わってしまうのはペットにとってもストレスです。
自由に動物を買うことのできた戸建て住宅から、マンションなど集合住宅へ引っ越す際にはいくつか注意すべき点があるので気を付けるようにしましょう。
まず一番重要なことは「本当にペットの飼える物件かどうか確認すること」です。
賃貸でも分譲でも本当は「ペット不可」にも関わらず規則を無視して飼っている人がいると、仲介業者がそれを見て「ペット可マンション」などと広告をうつ場合があります。
仲介業者は契約を取るのに必死ですから少しでも人目をひきそうなポイントは見逃さず、大げさに宣伝してしまうことがあるので、鵜呑みにせず大家や管理組合にきちんと確認した方が良いでしょう。
第二にペットを飼っても良いとされている物件でも中には「金魚や鳥だけ可」や「小動物のみ」などの細かい規則がある場合もありますし、長年住んでいて、重鎮扱いされている住人が「動物嫌い」で事実上飼いづらい、ということもあります。
ルール上問題なくその上、周りの住人と良い関係を築けそうなら気持ちよくペットと暮らしていけるでしょう。
犬や猫を飼って良い物件でもマナーやしつけには気を使いましょう。
集合住宅は廊下やエレベーターなど共用部分がありますから戸建て以上にしつけを万全にして、吠えない、噛まない、待てる、など基本的なことは繰り返し教えておきましょう。
ご近所への配慮がわずらわしいなら散歩のいらないペットがおすすめです。
ハムスターやスナネズミなどの小動物から最近では亀やイグアナ、ヘビなどの爬虫類をペットとして飼っている人も珍しくありません。
熱帯魚など温度管理が必要なペットはエサ代だけでなく電気代がずいぶんかかる場合もありますので、トータルの費用を換算してから検討すると良いでしょう。
めずらしい動物は自慢になりますがいざ病気になったとき、治療費が高額になる可能性があります。
鉄筋コンクリートの建物は木造の戸建に比べ気密性が高く、夏場の室内は高温になりペットが熱中症になる場合があります、家人が不在の時間帯が長い家庭はペットの体調管理に注意が必要です。
また防災意識が高まっている近年では、災害時のペットの処遇もあらかじめ検討しておく必要があります。
自宅が住めなくなった場合に備え、預けられるところをいくつか見つけておき、迷子になる場合にそなえ、名札やマイクロチップをつけるようにしましょう。
イヌの場合、畜犬登録をしておきましょう。
Copyright (C)2018失敗なし!住みたいエリアから探すマンション.All rights reserved.