不正に開けられにくい鍵や、生体認証によるドア、携帯電話を通じて外出先でも家の様子が分かるなど、防犯機能は日々進化しています。

失敗なし!住みたいエリアから探すマンション

失敗なし!住みたいエリアから探すマンション

最近の防犯設備

住居を「防犯性の高さ」という観点で見た場合、やはり戸建てよりマンションの方に軍配が上がるようです。
集合住宅における防犯対策には、防犯カメラやオートロックシステムなどの設備面と、管理人の常駐や入居者の心配りといったソフト面という二つの側面があります。
設備は厳重にし過ぎると、費用もかかりますし、毎日の出入りに手間がかかり、それが「普段は鍵をかけない、防犯機能をオフにする」などの行動につながると、かえって防犯性を下げることになります。
マンションに住む際には周辺の治安や自分の生活を考慮し、適切な対応がとられているところを選ぶと良いでしょう。
まだ建設されていない新築マンションの場合は図面などをよく確認しましょう。
敷地内に見通しの良いアプローチがあり、エントランスに入るまでの間が人目につきやすくなっていると理想的です。
オートロックシステムは、鍵を差し込むものが主流ですが、カードや鍵をかざすだけで開錠できるものが増えてきています。
また最近では、生体認証(指紋・静脈・顔・瞳)で開錠できるものも登場しています。
これなら鍵やカードを忘れても開錠できますし、落としたり盗まれたりする心配がありません。
最新のセキュリティシステムでは、携帯電話と連動しているものがあります。
これは外出時に来客があった場合に、モニターで訪問者を録画して携帯に転送するほか、家族がドアを開けた時や宅配ボックスに荷物が届いた時にメールが届く機能があります。
セキュリティに厳しいエレベーターでは、入居者が鍵をかざさないと動かない、というものもあります。
これは入居者以外の無断侵入者はエレベーターを利用できないことになります。
最近の玄関ドアはほとんどがピッキングに強い「ディンプルキー」や「電子錠」になっていますが、もし旧型の「シリンダーキー」が使われている場合は、鍵だけ付け替えることをお勧めします。
ドアスコープは中の様子をのぞかれる可能性があるのでフタをつけましょう。
近頃はドアスコープの代わりにカメラが設置され、室内のインターホンで外の様子が見られるものや、録画機能がついていて不在時の玄関周りが確認できる機種もあります。
Copyright (C)2018失敗なし!住みたいエリアから探すマンション.All rights reserved.